【サイト閉鎖のご案内】本サイトは近日中に閉鎖を予定しております。詳しくはトップページのお知らせをご覧ください
Home > イベント・公演から探す > 松山バレエ団 くるみ割り人形【全幕】

松山バレエ団 くるみ割り人形【全幕】

日時 2007-11-18(日) 15:00
イベント名 松山バレエ団 くるみ割り人形【全幕】
会場 フェスティバルホール
公演
関連団体・関連者
主催: (財)松山バレエ団
協力: フェスティバルホール、読売テレビ
原作: E.T.A.ホフマン
曲: P.I.チャイコフスキー
原バレエ台本: マリウス・プティパ、レフ・イワノフ、ワシリ・ワイノーネン
台本、構成、演出、振付: 清水哲太郎
ステージング・プロデューサー: 田中敏子、朶まゆみ
舞台美術: 川口直次
照明デザイン: 外崎俊彦、古田毅志(パーフェクトブルー)
衣裳デザイン: 森田友子、清水哲太郎
衣裳製作: 大井昌子、林なつ子、鈴木恵似子
アートコーディネーター: 森田友子
チーフ・コスチューム・プロデューサー: 吉田昭子
ウィッグ: チャーム・ファッション
装置、小道具製作: 東宝舞台(株)、(株)東興建設
大道具チーフ: 狐島祥幸
照明技術: (同)パーフェクトブルー
舞台技術: OSK/SKY、東宝舞台(株)、ユニワークショップ
舞台監督: 浅香亨
総合舞台監督: 田中好道(OSK&SKY、元日本舞台監督協会名誉会長)
指揮: 河合尚市
演奏: 大阪シンフォニカー交響楽団
写真提供: 飯島篤(エー・アイ)、藤井保、中嶌英雄、ジュン・タカギ、下坂敦俊(レプリーク)
アドミニストレーター: 阿部真理
制作補佐: 河村時子、須藤真奈、二橋正子、小野﨑聰子、坂西光子、関谷泰子
制作補佐: 坂本英子、菅野多鶴、石橋香織、松本佳織、小林員子、波江野和子
制作補佐: 斉木久美、杉本彰子、中島久美、丸山淳、倉下佳子
ギゴーニュおばさんと子供たち 指導主任: 小西美智子、田中俊行、小西真理、田渕朱里
ギゴーニュおばさんと子供たち 指導: 吉岡加寿代、佐藤容子、谷中五月、清家あや、好村裕紀
ギゴーニュおばさんと子供たち 指導: 柏村百合子、大山咲、八木麻利那
助成 平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業
注記 厚生省 中央児童福祉審議会推薦/平成12年度特別推薦
公演 1  松山バレエ団 くるみ割り人形【全幕】
日程 2007-11-18 15:00
会場 フェスティバルホール
上演団体 松山バレエ団
注記 ※子供たち役は、小西美智子バレエ研究所、田中バレエ・アート、田渕朱里バレエ教室
1. くるみ割り人形
注記 全2幕8場
原作:E.T.A.ホフマン「くるみ割り人形とはつかねずみの王様」
初演:1982年11月5日 東京厚生年金会館
配役名 ダンサー
クララ 森下洋子
くるみ割り人形/王子 清水哲太郎
ドロッセルマイヤー判事 鄭一鳴
市議会議員シュタールバウム 桜井博康
老シュタールバウム 箕輪初夫
老シュタールバウム夫人 大胡しづ子
シュタールバウム夫人 吉田昭子
フリッツ 小菅紀子久保阿紀藤原夕子境久美石川亜衣川上瞳萩原麗両川加奈子
子供たち 上口沙和内田舞美日下部琳加佐々木礼華佐野由希子武田茜衣谷中琴水中原いずみ小笹奈那川崎愛理酒井文菜高柳泉中島遥成田瑞穂平田理奈南井絢香